国立病院医師求人ランキング

国立病院の医師求人なら転職サイトに登録を

最新の治療技術を経験することができ、医師としてのやりがいを十分に感じる事の出来る国立病院は、キャリアアップの面でも人気の職場です。

ただ、こうした人気の職場なので応募が殺到してしますのも事実です。タイミングを逃さず賢く国立病院の求人を見つけるには、リクルートドクターズキャリアなどの医師系転職サイトの利用は必須といえます。求人紹介から履歴書作成のアドバイス、面接対策までしっかりサポートしてもらえます。

国立病院の医師求人を探すならココ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 お勧め度 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートドクターズキャリアは転職情報でおなじみリクルートグループが運営する支援サイト。
・有名企業ならではのブランドイメージ、安心感。確かな実績と充実したサービス内容!
1万件以上にも及ぶ非公開求人。国立病院など珍しい医療機関からの求人も充実!
内定後のサポートも万全。雇用条件などの各種手続きもアドバイザーがアドバイス。
アドバイザーは先方との条件交渉を代行してくれるほか、面接にも同行してくれるので安心!
・年収アップはもちろん、キャリアアップも実現できる求人も多数。いきなり役職待遇も!
非常勤の求人も充実、仕事と家庭を両立したい女性医師にも適した求人が多数用意!
・年収2000万円超、土日祝日休みといった驚くような好条件の求人も見つけられます。



医師転職ドットコム 無料 ★★★★★ 株式会社メディウェル 詳細
  • 第2位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社メディウェル
【当サイトがお勧めするポイント】
業界最大級約4万件もの求人数。膨大な情報量から国立病院など他にはなかなかない求人も探せる!
・もちろん質も充実!好条件の求人も多く、幅広い診療科、職種から見つけることができる!
・選択肢は医療機関だけではなく、製薬会社や一般企業からの求人も取り揃えられています。
専任コンサルタントによるサポートの充実。眼が届きにくい求人を優先的に教えてくれます。
・専任コンサルタントならわがままな条件にも応えてくれる。病院との条件交渉も代行してくれる!
利用者の満足度94.7%。必ずや満足のいく求人を見つけることができるでしょう。
・検索機能も充実、内視鏡や透析管理など細かい仕事ごとに求人を絞り込むことができます。
女性医師向けの転職情報も満載。仕事と家庭を両立するためのサポートも充実しています。



エムスリーキャリア 無料 ★★★★ エムスリーキャリア株式会社 詳細
  • 第3位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★
  • 運営会社
  • エムスリーキャリア株式会社
【当サイトがお勧めするポイント】
・医療事務者向けポータルサイト「m3.com」で有名なエムスリーグループ運営の転職支援サイト!
もちろん無料で利用可能。求人情報探しからコンサルタントのサポートまで安心して利用できます。
・専任コンサルタントによる充実した転職サポート。面接にも同行してくれます。
・またコンサルタントによる病院との条件交渉も魅力。納得のいく転職を実現してくれます。
・週4日勤務も多数。ライフスタイルに合わせてゆったりした環境での仕事も選べます。
もちろん高収入の求人も多数。年収1800万円以上の求人も数多く取り揃えています。
・一般企業や製薬会社、国立病院などからの求人もあり、幅広い選択肢から探すことができます。
首都圏、関西圏、東海エリアに特化したサービス。その分質が高く深い情報が得られる!



MCドクターズネット 無料 ★★★★ 株式会社メディカル・コンシェルジュ 詳細
  • 第4位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社メディカル・コンシェルジュ
【当サイトがお勧めするポイント】
・医師専任のコンサルタントが提供するサポート力が大きな魅力。入職まで手厚いサポート!
・こだわりの条件での検索も可能。高収入の求人も多く、エグゼクティブの求人も用意。
・これからキャリア形成を目指す若手医師に適した求人も多数。特集もあります。
・非常勤、スポット求人も用意されており、幅広い職種の中から多彩な仕事を見つけることも可能。
・また、常勤でも当直なしや土日休みといったライフスタイルに合わせた余裕のある求人があります。
全体の80〜90%が非公開求人。会員登録するからこそ得られる情報が満載されています。
コンサルタントによる情報収集力、サポート力も抜群。転職活動の心強い味方に!



医師求人の「JMC」 無料 ★★★★ 日本メディカルコネクション株式会社 詳細
  • 第5位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★
  • 運営会社
  • 日本メディカルコネクション株式会社
【当サイトがお勧めするポイント】
・エージェントによる徹底的な求人探し。国立病院の求人を探してもらうこともできるでしょう。
・病院側との条件交渉もお手のもの。収入はもちろん、就業環境など、納得いく形で転職できます。
・エージェントは専任。最初から最後まで手厚く、充実したサポートを受けることが可能です。
・少数精鋭を徹底!大手サイトにはないきめ細かなサービス、プロフェッショナルな対応が高評価!
医療業界専門の紹介会社としてのキャリア。だからこそ知ることのできる裏情報なども提供!
・「JMC」で転職した医師の多くが年収アップに成功。平均約400万円のアップの数字も!
離職率は低い。好条件だけでなく、定着できる職場を紹介してくれるのもポイント!
非公開求人も多数取り揃え。このサイトだからこその高収入、好条件の求人もあります。



国立病院の医師の転職のポイントは? 

病院といってもさまざまな種類があります。種類というと診療所と病院、あるいは独立開業と総合病院・大学病院などがよく挙げられますが、もうひとつ忘れてはならないのが国立病院。実際には国立ではなく、独立行政法人国立病院機構によって運営されている病院です。医師が転職を目指す場合にはこの選択肢も考慮に入れておきたいところ。

では国立病院へ転職を目指す場合、どういったポイントがあるのでしょうか。まず知っておきたいのが「みなし公務員」として扱われる点です。このみなし公務員とはどのようなものなのでしょうか。上述のように、国立病院と名乗りながらも実際には国立ではありません。ですからそこで働く医師も本当の意味での公務員ではなく民間人としての扱いになります。しかし役割は公務員と同等のものが求められる、という意味での「みなし公務員」なのです。基本的には公務員として働く意識を持つことが求められます。この点は私立病院とは大きく異なる点でしょう。

公務員のイメージとは異なり、収入に占める能力給の割合が非常に高い点も国立病院の医師のポイント。安定収入どころか、同じ職場の医師でも収入に大きな差が出てくる場合もあるのです。その分やりがいを感じることが出来る一方、プレッシャーを抱えることになるので注意したいところ。

あとは業務内容ですが、国立病院では専門的な治療を行うところも多く、基本的には旧国立病院の運営方針をそのまま受け継ぐ形をとっています。がん診療や緩和ケア、重症心身障害など、特定の分野でキャリアを重ねたい、仕事に従事したい人は狙い目の転職先となりそうです。

こうしたポイントを踏まえつつ実際に転職活動を行っていく場合、まず求人情報のチェックが重要になってきます。各病院の公式サイトから求人動向をチェックできるほか、運営元の独立行政法人国立病院機構の公式サイトでもチェックすることができるので日ごろから情報を見逃さないよう目を配っておきましょう。また、それだけでなく求人サイトなどの情報網もやはり重要です。雇い先の公式サイトの場合、どうしてもよい面ばかりが見えてしまう面があるため、より客観的に見ることができる情報源も重要なのです。

こうした国立病院への転職のポイントは転職サイトでもいろいろと情報を得ることが出来ます。リクルートドクターズキャリアなどがおすすめの選択肢となるでしょう。求人情報だけにとどまらず、幅広く情報収集を心がけてみてはいいがでしょうか。

国立病院の医師になりたい人が多い理由は?

医師の転職先として国立病院を選ぶ方は非常に多いです。病院にはいろいろありますが、その中でも国立病院を選ぶにはそれ相応の理由があります。

一般の方が転職先を選ぶ場合、やはり収入面も大きなポイントになるでしょう。そのため医師も給料が良い、そして安定していると思われる国立病院を選ぶのも必然と思うかもしれません。国立病院は、国立とはいえ厳密に言えば独立行政法人国立病院機構(NHO)が経営しており、国立と民間の中間的な位置にあります。つまりそこで雇用される医師は、純粋な国家公務員ではなく『みなし公務員』と言われています。ですので、公務員とはちょっと違います。そして給与面も他の病院とほぼ変わりはありません。そしてNHOは全国に143病院あり、国立病院の医師になれば、全国各地への異動もあります。それでいて他の病院よりも人材不足でハードな仕事を余儀なくされる事が多いです。

国立病院は給与は月並み、日本全国への異動あり、ハードな仕事、そして医療スタッフも多いですから人間関係のトラブルも多いと思われ、あまり就業条件としては良いとは言えません。若い医師にとっては刑務所みたいなところ、という方もいるほどです。そのような環境なのに、なぜそこの医師になりたい人が多いのでしょか。

一番の理由は医師としてのスキルアップです。国立病院は最新の医療技術を駆使した治療や研究を積極的に行っており、地域の中枢的病院であるとともに、日本の医療をけん引している病院とも言えます。そして、レベルの高い医療を行っているとともに、医師のスキルアップの為のバックアップ体制も整っているのです。そういった環境の下で働けるのは、高い医療スキルを身に付けたいと思っている医師にとっては大きなやりがいになるでしょう。たとえそれがハードな仕事で休みもないという状況であっても、それも充実した毎日になります。もちろん、ある程度の収入はありますが、それ以上に医師として憧れの病院とも言えるのではないでしょうか。

そして高いレベルの医療をおこなう国立病院での勤務実績は、仮に他の病院に転職する場合でも有利になります。病院によって忙しさは異なりますが、国立病院はその中で仕事のハードさはトップレベルでしょう。医師としての高いスキルも他の病院で働くためには大きなポイントになりますが、そういったハードな仕事もこなしてきたという経験も転職には有利になることでしょう。

ただ、ここで働きたいという意気込みだけでは国立病院では雇用されません。最高の医療を行うのですから、それ相応の経験がないと採用は難しいでしょう。

TOP

国立病院の医師の基礎知識

地域別の国立病院の分類


Copyright (C) 2013-2018 国立病院医師求人ランキング All Rights Reserved.